RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
アンチ土佐闘犬な人にあえて伝えたいこと。
これは私個人の考えですが。

いろいろな方が世の中にはいるので、当然いろんな考えがあるわけで・・・。
闘犬大好きな方から、見るに堪えない人までいますよね。それこそグラデーションのように闘犬への考え方も一人一人違うはず。
それは当然だし、それでいいと思います。

ただ。これだけは。
好きでも嫌いでもいいので、間違った情報に踊らされないでもらいたい。
ネットに氾濫する間違った情報を鵜呑みにして、ただ残酷だ、野蛮だ、と騒ぐのはむしろ恥ずかしい気がします。


私はここの管理人をやっている以上、闘犬は好き、と思われていると思います。
でも正直、そんなでもないです。今でも、(土佐犬に限らず)大きい犬は苦手です。
ただ、知らなかったからだけで、知ってみると、思い込みだったものってずいぶんあります。

土佐闘犬の世界に対し、こわいとか、危険とか、残酷とか、思っていた部分は少なからずあります。
でもそれって、大部分が思い込みでした。

土佐犬がどういう犬で、どういう性格や性質なのか、闘犬のルールなども。
そして実際、闘犬を見てみると思った以上にすんなり終わる試合。
三役以上になってくると、試合もある程度の時間がかかりますが、数秒からせいぜい数分で終わったりも多いんです。
どんなに長くても30分以上はやらないし、夏は犬がばてちゃうのでも、20分とか、もっと短くする場合もあるのかな。
それで勝敗がつかなきゃ引き分け。どちらも勝ちになります。

そりゃ、無傷ではない犬もいます。
血が出てたりとか、あります。(でも毎試合じゃないんですよ。驚いたことに)
土佐犬は、みなさんご存じのように、皮膚がぶよぶよしてます。
厚みがあって垂れ下がってますよね。
あれに噛みつくので、痛みはまずない、ということです。
そういうところ以外に噛みつけば、痛いから泣くし、泣けば負けるから、すぐ引き離されて試合終了。
試合後は獣医さんにきちんと消毒やらなにやら治療してもらいます。
飼い主は勝った犬も、負けた犬も、汚れた体をきれいにしてやって、水をやったり、いろいろ世話します。

犬や猫に対し、飼っていれば愛情がわくのは自然のことですよね。
それは土佐犬の飼い主だって同じ。

犬を傷つけるのは愛情じゃない、とおっしゃりたい方もいるでしょう。
そうですね、そうかもしれません。
普通の家庭犬ならそうでしょうね。

土佐犬は、基本的に闘犬をやるために生まれた犬です。
それだけの身体能力を備え、それに応じた性質を持っています。
むしろ、やらせないほうが虐待とも言えなくもないのではないでしょうか。

なんてことを言うんだ!って、言う前に、冷静に考えてみてください。

たとえば、ボクシングをやりたい!という子供がいたとします。
そこで、「危ないからやめて!」っていうのは親心であり、普通の対応だと思います。
でもそこで結局、親の考えだけで、やらせなかったら?
また、たとえば海外留学したい!とかでも同じです。
海外留学させる親と、させない親がいますけど、どうあれ親の意志でやらせなかった場合。
「やりたかったのにやらせてもらえなかった」という、思いは子供に残りますよね。

犬にそんなことわかるわけないし、人間と一緒にするな!っていう人もいるでしょう。
そうですね。犬はボクシングや留学はしません。
でも、闘犬はいわば、人間でいうところの相撲やレスリング、血が出ることまで考えればボクシングに近いかもしれないですね。
犬の戦いたい欲求は、人間がコントロールすることはできても、抑えつづけることはできないでしょうし、抑えつづけられた欲求は、どうなるでしょう?
人間は、不満があっても他の事への興味などで、そのストレスを発散できる生き物です。
犬の場合、その不満やストレスは飼い主や人間への不信になるかもしれません。

もちろん、闘犬に向かない土佐犬もいますし、一般家庭に飼育されている土佐犬もいますから、運動さえきちんとさせていれば、闘犬をさせなくても大丈夫な土佐犬もいます。いや、ぶっちゃけ、闘犬向きの犬も、させなくても大丈夫なのかもしれません。
でも、やらせたら喜びます。犬が。これは本当に。

猫が猫じゃらしで喜ぶのと同じで、本能的に好きなものは好きなんでしょうね。

まあ、当然気分じゃなくて、闘犬をやらない場合もありますよ。
そりゃ、生き物ですから。
それは強制できませんし、犬も、強制的に戦わされたりとかしません。

だから、土佐犬は扱いが大変なんですね。大型犬ですし。
適度な運動とは、「土佐犬に合った適度な運動」と言ったほうが良いのかもしれません。

それが日常的にできてなくて、土佐犬が脱走した場合に事件や事故になったりするのかな、と思います。
よくテレビで、人やほかの飼い犬を噛んだとか、ひどい時には死者が出たりします。
全友連ではいままでそういった事件や事故はないですけど。

土佐犬だからニュースになってしまう、ということもありますが、他の犬種でも起こりうることで、実際そうした事件もありますよね。飼い主のモラルや犬との接し方が重要なのは言うまでもありませんし、気を付けないといけないことです。
そういった意味では、土佐犬も他の犬と同じで、何ら変わらないですね。

とりあえず、私は「闘犬は虐待にはあたらない」と言いたいです。
見てみれば、わかると思います。
もちろん、海外の動画サイトとかじゃだめですよ
あんな、デスマッチ形式のは闘犬とはちがいます。あれでは虐待と言われても仕方ないかと思います。

全国各地で闘犬大会はありますが、NPO法人全土佐犬友好連合会の傘下団体であることを確かめて、大会に行ってみてください。他団体の場合、ルールが多少違うかもしれません。
ネットの情報だけを信じるのではなく、ぜび自分の目で確認して、それで発言してくれれば、それがアンチだろうとなんだろうと、いいと思います。
土佐闘犬が好きな人と、嫌いな人、それは犬への愛情のベクトルがちがうだけだと思います。愛情の大きさは変わりありません。


改めて、全友連でも皆様にご紹介しています。見てみてください。http://tosaken.jp/info2
author:サイト管理人, category:管理人より, 14:41
comments(62), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:41
-, -
Comment
はじめまして。
私はネット上の画像にショックを受けて
反対運動に署名をした一人です。見なければわからないですよね。本当にそう思います。誤解は訂正するべきと思いますが、どうしたものか。広がりすぎています。できればお話をさせていただきたいのですが、どうすれが良いのでしょう。
あひる, 2014/09/22 8:34 AM
あひるさま。

署名のページ、私も拝見しました。
あれは確かにショックな画像ですね。海外の画像化か、余所の団体の画像だろうなと察しはつきましたが。

多くの方は誤解したまま署名をしたのかもしれませんが、中にはそれぞれの信念を持って署名した方もいるでしょう。署名については特に私から申し上げられることはございません。

私の文章を見て、訂正しようと思ってくださった方が一人でもいた、というのが私にはうれしいことです。ありがとうございます。

もし機会があれば、大会に足を運んでいただいて、実際に見てみてください。現地で、会員が説明などもしてくれます。

でも血を全く見ないわけではないので、強制はでしませんし、嫌だと思われる方はどうしても嫌でしょうから、そういう方は見るべきではないでしょう。
それはそれで仕方のないことだと思います。

もしこの文章をシェアしたい、などありましたら、ご自由にコピペするなり、リンクしていただいても構いません。

コメント、ありがとうございました。
管理人, 2014/09/22 3:32 PM
管理人さま

コメントありがとうございます。
全く血を見ないわけではないのですよね。
それも辛いことですが、今回は見に行きたいと思っています。真実を確認することが大事と思います。録画とか自由ですよね。あの恐ろしい画像との違いを紹介できればと思っています。
あひる, 2014/09/22 7:40 PM
あひる様。

すみません、毎日チェックしていなかったので、回答が遅れました。


録画となりますと、許可がないとできないと思います。
判定や、犬の集中力の邪魔になり得るため、今は、TVの撮影と、係員以外の撮影は原則として禁止になっていると思います。

写真は大丈夫だと思いますが、あまり至近距離からの撮影は同じ理由から遠慮していただいております。

「録画して紹介」とありますが、録画内容を個人的にご家庭で観るのは構いませんが、公開するのはご遠慮ください。

昔は自由に撮影できたようですが、そういった方たちの中に、偏った内容の映像だけを集めて公開し、誹謗中傷する方々がいたということも過去にあったらしいです。たまたまその場にいた、当団体とは無関係の人間にまで被害があったという事例もあります。いまは当時よりも情報の拡散が早いですから、仕方のないこととして、ご理解ください。
管理人, 2014/09/24 7:20 PM
私は 一度 地元で 土佐闘犬大会を見させて いました その方は 知らない私にしても優しく接してくださいました 家には 小型犬がいて 欲しくても飼うことはできません ですが いろいろ ルールをして 見るのも楽しいし いつか見てみたいと 思いました? 中には 虐待とか 可哀想という方もかなり いました でも かわいそうだから この子たちの戦い方を見ないわけと 逆におもったりしました 一つの言葉で 土佐犬を飼っている方を侮辱されている方に失礼だと思いました 私は 土佐犬が大好き 飼いたいとも 思っていますでも 今は無理ですが 必ず飼います また 地元にあれば行きたいと思ってます ですから そんな 人に負けないで 頑張ってください? いい土佐闘犬を育ててくださいね? 質問です ある ビデオで 見たのですが 闘犬には いろんなサイズがありますが 見方は どうやって わかるのですか? あと 雌は なぜ 闘犬には なれないのですか? また ある方に聞いた話しによると 子孫を残すためと言ってましたが 繁殖をしない場合は なれるんでしょうか?聞きたい事がありずきで はちゃめちゃなコメントになってしまいましたが 許してくださいね? でもこの気持ちは 変わりません 土佐犬は 私にとって 憧れの犬種です いつか 独り暮らししたら飼いたい犬種です そんな 気持ちにさせてくださったのは 闘犬を飼っている方々です 本当にありがとうございます? まだまだ未熟者ですが いろいろ 勉強して 土佐犬を飼います?
アニカ, 2014/09/25 10:24 PM
管理人様

ありがとうございます。動画については難しそうですね。写真も邪魔にならないように気を付けないといけませんね。色々簡単にはいかないのですね。仕方のないことなんですね。自分の目で見るしかないですね。
あひる, 2014/09/30 8:53 AM
アニカ様

励ましの言葉、大変うれしく思います。ありがとうございます。
アニカさんが見た闘犬大会が、全土佐犬友好連合会の大会だったかはわかりませんが、闘犬大会を楽しむことができたようでなりよりです。
いろいろな意見がありますが、あなたのように土佐闘犬に対して理解してくれる方がいることが、闘犬に携わる者にとって励みとなります。

土佐犬のサイズについてですが、これは体重で分けています。体重によって、超大型、大型、中型、小型というように、クラス分けしています。

メスが闘犬になれない理由ですが…。私もよくわかりませんが、おそらく、メスはそれほど戦わないのだとおもいます。それと、ルールに、交尾の体勢になると反則負けになるというものがあります。相手がオスの場合、そうなる可能性が高いからかもしれません。

優秀な血統のメスは特に大事にされ、繁殖に使われます。そうでないメスも、家庭の番犬として人気もありますので、そういった道もあります。

土佐犬を飼うのは大変ですが、いつか飼うことができるといいですね。あなたなら、きっと大事に育ててくれると思います。
管理人, 2014/10/03 7:34 PM
あひる様

実際に、本部や大会関係者に確認したわけではないので・・・。
撮影は大会本部席まで行っていただき、可能かどうか聞いてみていただければと思います。お手数ですが、よろしくお願いいたします。
管理人, 2014/10/03 7:38 PM
強い 闘犬を創るには「噛犬」が居るそうですね?その犬は、闘犬に 噛み付かれ血だらけになりますが、「喉」を切られて 啼き声出ないようにされていとか・・・人間が噛まれればいいのに。でも本当に土佐闘犬で死者も出ています、
http://is-factory.com/post-2127/ 東京、神奈川など多くの地域で条例で禁止されているのは、残酷だからだと分かっているのでしょう?

一刻も早くこんな非人道的な人間がしている協会止めて欲しいですね、人殺しまで隠蔽した犯罪者、恐ろしい。。。
愛, 2014/10/07 1:42 AM
教えていただき ありがとうございます もうひとつ知りたい事がありまして また コメントしますね
もし 土佐犬を繁殖する場合 子犬の 性格 また 闘犬にするための 見分け方とかはありますか? 土佐犬をドッグショ−に出されてる方はいたりするんですか? あと 話は 変わりますが 私が見たのは 「東海土佐闘犬愛陸会」という 支部が 地元の三上橋の下で 行われてました それを見た きっかけですやっぱり 土佐犬は 最高でした 見ないと わからないですよね 土佐犬の良さが? わからない やつらに 突っ込まれたくはないですよね? 負けないでください 闘犬オ−ナ−さまたち ファイト!
アニカ, 2014/10/07 10:30 PM
愛さま

「噛犬」?ですか?(読みがわかりませんが、かみいぬ、ですか?)
初めて聞いたのですが…。少なくとも、NPO法人全土佐犬友好連合会所属団体では、聞いたことがありません。その情報は、どこの闘犬の話ですか?海外の闘犬ですか?あるいは他団体でしょうか?
確認してみたいので、情報の元を教えてください。


あと、わざわざリンクしていただいた土佐犬の事件ですが、この飼い主はNPO法人全土佐犬友好連合会の会員ではありません。全く無関係であることが確認されています。

当団体の会員ならここでどう言われても仕方ありませんが、きちんと調べた上で発言されたのですか?
全ての土佐犬の飼い主が当団体に所属しているわけではありません。発言は慎重になさってください。
管理人, 2014/10/07 11:13 PM
アニカ様

回答が遅くなりまして申し訳ございません。
残念ながら、子犬の段階で、闘犬向きかどうかなどを判断はできないと思います。
気が強そうな犬に見えても、実際に練習試合をさせてみると、にげたりなど、向いてないことがわかったり。その逆もあります。
ドッグショーに出している飼い主は、おそらく当団体ではいないと思います。海外の土佐犬愛好家の中にはいるようですよ。

ご覧になったのは、東海土佐犬親睦会の大会でしょうか?
三上橋はわかりませんが…。東海土佐犬親睦会ならば、NPO法人全土佐犬友好連合会の傘下団体です。また機会があればぜひ観戦してみてください。
管理人, 2014/10/28 8:10 AM
虐待ではない、犬が戦いたいから戦わせてるとおっしゃっていますが、犬は話せないのになぜそう決めつけるのでしょうか。運動をしていないとストレスが溜まるというのなら散歩をすればいいだけのこと、虐待するための言い訳にしかきこえません。毎回でなくとも血が出ることがある、ということ自体問題です。まして泣いたらやめるというルールもどうかと思います。それ以前に犬は飼い主により痛めつけられて、どんなに痛くても泣かないように調教されてしまっているのですから!

闘犬は虐待でしかありません!!!!!!
虐待反対, 2015/01/08 4:59 AM
虐待反対様

何度も言いますが、犬は痛みに対して我慢できません。
どんな犬でも、尻尾を踏まれれば泣くものです。
訓練でなんとかなるようなものではありません。

ではどうして、噛まれても土佐犬は泣かないのか?
それは、身体的特徴によるものです。ご存知と思いますが、土佐犬は皮が厚いんです。ぶよぶよに垂れた皮の部分は痛くありませんが、血は出ます。
それを「痛いにちがいない」と決めつけているだけの話です。

言葉が話せないのになぜわかるのか、とおっしゃいますが、飼い主であれば、愛犬の機嫌や健康状態もある程度わかりますよね?愛犬が喜んだり嫌がったりくらい、毎日見ている飼い主にわからないとでもおっしゃるのでしょうか?

「痛いに違いない」だから虐待だ、と決めつけているのはあなた様の方だと思いますよ。
管理人, 2015/01/08 12:07 PM
犬は痛みを我慢できないとおっしゃいましたね?
このニュースをご存知ないのでしょうか。
http://grapee.jp/13366
犬は訓練によりどんな状況でも泣かないように躾けることはできます!!
日頃より飼い主により調教されてしまえば、可能です。とてもかわいそうですが。闘犬の飼い主さんでとんでもない躾方をしている方を知っています。ですので、このようなことを申してります。

無知で決めつけて、思いやりのかけらもないのはあなた様ではないでしょうか。
虐待反対, 2015/01/09 11:39 PM
虐待反対様

ニュースは存じてます。
たしかに一理あるかもしれませんね。
が、こういう特殊な訓練は闘犬にはないと思いますよ。見たことありません。

ところで、お知り合いのとんでもないしつけ方をする闘犬の飼い主さんとは?
全友連の会員ですか?
だとしたら具体的にどのようであるか、名前など分かれば、内容によってはこちらで何らかの対応を考える必要があるかもしれません。
わかる範囲で構いませんので、公式HPからメールをお願いいたします。

個人名や住所などは、無関係の第三者に公表することはございません。
安心してご連絡いただければと思います。


全友連の会員ではないと、分かっていての先ほどの発言でしたら、土佐犬、闘犬の飼い主は皆同じであるかのような発言ですので、控えていただきたいと思います。

闘犬の団体は、当NPO法人全土佐犬友好連合会の傘下団体以外にもたくさんあります。
少なくとも、当団体は闘犬に対してきちんとしたルールのもとで行っており、またそれは、闘犬というものを伝え広めることが目的でありますので、勝ち負けが重要なわけではありません。
そう考えれば、度が過ぎた調教は不必要であることは容易にわかると思います。

管理人, 2015/01/10 12:11 AM
お久しぶりです。
コメントを読んでいると、「ああ、こう言う人に何言っても無駄」という方々がおられますね。
海外では実際にデスマッチ形式の闘犬が行われていますが、それがそのまま日本に当てはまると思っているのでしょう。いい加減よく見なさいと言いたい所です。闘犬にする為に犬を虐め抜いて凶暴化することが海外ではあるようですが、日本ではまず無いと行って良いです。虐めて凶暴化したのでは意味が無いのです。闘犬と言うのは犬と飼い主が一体となった競技です。犬は闘っている時にも飼い主の声を聞き分けている物です。犬と飼い主の信頼関係がなければ日本での闘犬は出来ません。
うちの土佐犬二頭と子犬達共に、痛ければ鳴くし、餌の時間が遅くなれば子犬は騒ぎ始めます。絶対に鳴かない訓練など難しいのですよ。
雄の土佐犬だから皆闘犬になれるかと言うとそう言う物ではなく、闘う犬というのは一腹何頭も産まれた雄の中でも1〜2頭だったりします。闘う犬というのは時期が来れば他の雄を見ると闘おうとします。これは人がどうにか出来る物ではありません。
噛犬というのは咬ませ犬のことでしょう。確かにいましたよ。しかし今は必ずしも咬ませ犬を必要とはしていないと思います。

管理人さんが言われていないので言いますが、土佐犬の様な闘犬種で、かつ闘志のある犬を闘わせないのはある意味虐待にあたります。物凄いストレスになると思いますよ。そのストレスを別の方法で解消してやる事は可能なのでしょうか?それこそ非常に大変な事だと思います。

ショードッグ化してる欧米のJAPANESE TOSAもショーの最中に喧嘩になりかかる事もあり、注意を要します。比較的攻撃性の弱まった土佐犬でさえ手の付けられない事態になる事もあるのです。

闘わせずストレスを溜めさせるより、厳しいルールの元で闘わせてやる方が良いと私は思っています。
北原, 2015/03/17 3:13 AM
ありがとうございました
管理人 たしか そのような 協会名でした 教えていただきありがとうです
虐待なんとかさんに 反撃していいですかね? 土佐犬についてではないですが あなた方は ボランティアの方ですよね 土佐犬や悪徳プリ−ダ−を 言い放題に言っているようですが? あなた方のやり方は 大丈夫なんですか? 正しいやり方をしているとおもっているんですか? 土佐犬よりも 汚い手を使ってるんじゃないですか? 「支援」それこそ 犬に対して愛情がないのでは 本当に動物を愛しているなら はしたない物は使わないはずですよね? 私は 一度 繁殖もボランティアも 経験してます でも あなた方のような やり方はしませんでした? だって 動物は 物じゃないんですよね だったら短い間は 預かる私たちが飼い主ってことですよね だったら 飼っている以上は 飼い主責任ってことですよね ならば 資金はすべて 飼い主が出すものであって 他人に出させる物ではないのでは エサ代やかかった医療費かも すべて やらなければならないはずですよね? それなのに あなた方は なんですか? 支援 医療費がかかれば 新たな飼い主さんに請求 アホ臭くありませんか? そんな あなた方に 土佐犬を飼っている方をせめる権利はありませんよ? もう一つおしえておきましょうか? 私は 子犬をもらってくださった方に 請求はしませんでした? 支援してくれそうになりましたが 全て断りました だって 動物は 物じゃないんですよね だったら 支援なんか必要ないですよね? 最後に 虐待なんとかさん! あなたは 本当に動物を愛してるんですか? もしいいたい事があるなら 教えときましょうか? ただ そちらから 反撃があっても 私は 応じますので 聞きたい事が山ほどありますから? ただし 管理人さんや北原さん 土佐犬を飼っている方を侮辱するようなら ただでは おきませんから そのつもりでよろしくお願いします? 管理人さんや北原さん すみません?
アニカ, 2015/03/29 11:30 PM
アニカさん、虐待反対さんその他の方々、ここで長々と討論するのは管理人さんの迷惑にもなると思います。そこでですが、私が造ったブログで討論しませんか?
昔造って放っておいたブログですので、コメント欄を好きに使っていただいて構いませんので。
一応URLを乗せておきます。
http://ameblo.jp/utouyasukata/

私は動物愛護団体を信用していません。信用したくても出来ないのです。ある団体の妙な広報活動のせいで日本は動物虐待国、ドイツは動物愛護先進国と日本国民は信じ込まされています。本当の事を言えない、言っても信じてもらえない。恐ろしい事です・・・
北原, 2015/04/06 2:58 PM
闘犬なんてありえないです。
致命傷とか痛く無いとかそういう問題では無い。犬同士を傷付け合わせている時点でありえない。明らかな動物虐待以外の何でもない。
上記、文章多少読んだが意味不明。
すんなり終わる?試合時間が短い?・・・残虐に時間は全く関係無い。30秒なら許される?どんな学校で学びました?
すぐに治療して貰えるから良い?本来治療なんて必要ないだろうに。あなた「すぐ治療して治るから殴って良い?」で良いよって言うんですか?
痛みが無い?勿論、犬種的に噛まれても神経の通らない部分が多い等はあるが保証出来るもんじゃないだろ。また、動物全般、興奮すればアドレナリンが出ている間の痛みはさほど感じないだろ。だから良いという話になるか?
「麻酔打つから貴方噛ませて下さい」でOKします?
土佐犬は、基本的に闘犬をやるために生まれた犬です?気性が激しいのを利用して勝手に戦わせてる人が居るだけだろ。人間でも「お前はファイターだ」って言い続けて育てりゃファイターにはなるだろ。戦わせないほうが虐待って一体どんな都合の良い理論だ?また、どんな動物でも戦う本能はあるだろう。それは自分達の都合でその本能を出させているだけ。ボクシングをやりたいとか留学をしたいとかは親と本人の責任の元に行える事。犬にそういった倫理感は無い。自己防衛や本能で戦うだけ。
気性の荒い犬種でも運動や愛情によって幾らでも抑える事は出来る。シーザーミランの番組知らんの?逆にどんな犬種でも問題抱えれば気性は荒くなる。
それを「犬が喜ぶ」ですと、、、全く人間の都合でしょう。

たまたまfacebook経由でたどり着きました。
上記最初の文章はあまりにも酷いので記しておきます。

闘犬なるものが無くなることを祈っております。
ぴーすけ, 2015/05/24 1:14 AM
おいおいぴーすけさん・・逆に犬が喜んでいないという証拠がありますか?(それとも貴方は犬の心理に相当詳しい動物心理学者かな?あと、シーザー氏に出てくる犬は根っからの闘犬タイプじゃなくて飼い主の躾不足によるレッドゾーンのモロシアン系が多いです)

>>自己防衛や本能で戦うだけ。

いいえ、犬は反抗期を迎えると自分の力を知りたくて「力試しを」する犬がいます。

>>それを「犬が喜ぶ」ですと、、、全く人間の都合でしょう

http://www.dogactually.net/blog/2010/07/post-cd68.html
>>闘犬には、戦いたいという自然な欲があります。たとえばレトリーバーがものをくわえて回収したい、という欲と同じです。それを抑制して飼う、ということ自体、すでに犬にとって、大変不幸な生活を強いているのですね」(引用)>>単に家庭犬として飼う場合でも、犬の福祉を考えると、こんどは闘犬がかわいそうだ。好きなことをさせてあげられない(引用)

土佐犬に闘争欲求があるのに人間側がそれを一方的に奪いそれの代わりとなる物を出さないのは人間側の一方的な価値観の押しつけではないだろうか?

管理人様失礼しました
犬飼い, 2015/07/01 9:15 PM
そもそも、痛いとか痛くないとか、本能とか・・・焦点からずれていると思うんですが・・・
戦う為に作られた犬種でしょ?
闘犬という生まれながらのファイティングアスリート。

遥か大昔から脈々と強い犬だけを交配しつづけ
戦いに特化した犬種。

そういう犬を作ってしまった事自体が人間のおろかさだと私は思いました。

闘犬をよく知る方の「痛くない」だとか「ルール」があるだとか、すばらしい犬達のアスリートぶりを知れば知るほど
そういう不完全な犬種を作ってしまった人間の罪を感じてしまいます。

戦わなくてはいられない本能の犬種。戦わなければならない犬種。

そこが問題だと思います。


ところで、闘犬って人気あるんでしたっけ?
人気が無いというのなら、それは現時点で世の中に受け入れられないということでしょ?

世論っていうのは正直ですよ。

必要の無いモノと判断されるやいなや淘汰されてしまうんですからね。

こんな小さな所で『闘犬とはすばらしい』と言っているくらいですから淘汰されるのは目の前でしょうか?

昔から頑張っているお年寄りと力を合わせて
淘汰を少しでも遅らせられるといいですね。

ふぅ・・・, 2015/07/30 2:59 AM
>>そういう不完全な犬種を作ってしまった人間の罪を感じてしまいます

貴方のいう完全な犬種を教えて下さい。
いや・・それ犬全般に・・言える事じゃ・・, 2015/08/01 1:38 AM
主張されていることは理解しますが、犬を闘わせる、
犬の闘争力比べというのはやはり悪趣味と感じます。

闘わなくてはいられない本能の犬をわざわざ選び繁殖させ
ブリーディングで作り上げ強化し続け、
闘争心の弱い個体の繁殖は排除しているのですよね。

闘犬に限らず極端なブリーディング(頭が小さすぎて眼球が飛び出しそうなほどのチワワ、
脚が短すぎてお腹が地面につくダックス、呼吸困難なほど鼻の潰れたブルドックなど)
は個人的に嫌いです。

中でも闘犬のブリーディングは、人間と社会にも
危険を及ぼしかねない犬をわざわざ作っている点で許しがたいと思います。

闘犬行為そのものと、闘犬目的のブリーディングは
法的に禁止されるべきだと考えます。
土佐犬を愛し土佐犬を保存したいのであれば、
闘犬の性格を排除して穏やかな個体を育成していくべきだと思います。
闘争本能が無ければ土佐犬とは言えないという考えを
土佐犬愛好家の皆さんが捨てられないのであれば
土佐犬そのものの飼育を法的に禁止するべきだと思います。

動画も撮らせない、撮影拒否で「自分達は反社会的団体ではない」と
主張されても納得できません。
犬飼い2, 2015/08/01 10:23 PM
ぶっちゃけると自分は海外のように重量引きとか別の方向にシフトチェンジが出来たらいいな〜とは思います。(実際海外ではピットブルがスポーツとかに出て活躍してますし)

>>闘わなくてはいられない本能の犬をわざわざ選び繁殖させ
ブリーディングで作り上げ強化し続け、
闘争心の弱い個体の繁殖は排除しているのですよね

さあ〜どうなんでしょうねえ・・ピエール瀧さんの番組で超大型クラスの犬を二匹同時に散歩させてる映像がありましたが・・貴方の言う闇雲に闘うような犬では二匹同時に散歩は無理でしょ・・(と言うか超大型クラスの犬で戦うのは貴重だとか・・)今では愛玩化?したブルテリアなんかも闘争本能を満たす事に関して「報酬と」と感じるそうです。

>>中でも闘犬のブリーディングは、人間と社会にも
危険を及ぼしかねない犬をわざわざ作っている点で許しがたいと思います。

これは管理次第だと思います。人に対して向かいやすいシェパード等の犬だって人に対する攻撃性が求められたのではないでしょうか?確かドイツでは闘犬種を抑えてシェパやロットの咬傷事故が多いと聞きます。
最近ではドベの事故もありましたよね?土佐がダメなら人に向かいやすい彼らも法的に飼育を禁止すべきでしょう


あと、自分は高知で普通に動画撮影できましたよ?
自分は土佐飼いではないです, 2015/08/01 11:39 PM
反論1:
>>貴方の言う闇雲に闘うような犬では二匹同時に散歩は無理でしょ・・

土佐闘犬を闇雲に戦う犬として作っているとは思っていません。
ただ、勝ちたがる犬=ボスになりたがる犬=支配性の強い犬として
作っているのだと捉えています。
そして、そのことが一番の問題だと考えます。

ボスになるような資質の犬を何匹も作れば争いになるのは当然で
それはとても危険なことだと思います。

ブル系の犬は過去には闘争本能が強いことを
ブリーディングの方向性にしてきましたが今では全く違うでしょう。
方向性をもったブリーディングを行えば、良くも悪くも
数十年もすれば犬種の特性は変化します。
土佐犬も同じです。
見た目と性格を切り離して、闘争本能の強さに価値を置くブリーディングは、
犬種保存のためにもやめるべきだと思いますね。
社会から歓迎されません。


反論2:
>>人に対して向かいやすいシェパード等の犬だって人に対する攻撃性が求められたのではないでしょうか?

シェパードに関しては訓練性能が第一でしょう。
軍用犬・警察犬の資質として攻撃性は一部でしかありません。
訓練性能の劣る犬は繁殖の時点で排除されていきます。
今も社会のために役立つ犬として育成されますし、
だからこそシェパードは愛されています。

管理次第なのは当然のこととして、やはり自分は
闘争本能の強さに第一の価値を見出すブリーディングには賛同できません。

闘犬イベントを行って勝ち負けを決めている限り、
闘犬としての価値を求めるブリーディングは無くならないでしょう。
犬飼い2, 2015/08/02 9:03 AM
>>反論1

その・・ブルテリアは残念ながら未だに海外の非合法の試合に使われたりします。(あと、海外で行動学を学んだ方の本によると去勢してもブルテリアのような本来闘犬として改良されたタイプには去勢による効果は期待できないとか・・)

>>反論2

じゃあシェパードの攻撃性を認めてるわけですね?人に愛されるのであれば、人に向かいやすく実際ドイツで事故の多い犬は肯定されていくと・・訓練性能を追い求めた結果が事故の多さだとは思いませんか?自分は原因の一つかな?と考えてます。こう言ったブリーデイングも問題視されないのでしょうか?

何度でも言いますが、自分は「闘犬」ではなく何か別の物に代替えが出来るのであればそっちの方が良いと考えてます。

自分は土佐飼いではないです, 2015/08/02 11:40 AM
ブルテリの件は日本ではなく海外での事例です。
自分は土佐飼いではないです, 2015/08/03 12:02 AM
闘犬というものが存在し、噛ませ犬なるものも存在する。
今現在、どのような闘犬の育成が行われているのか詳しくは知らないが、弱い犬を強い犬に無理矢理噛ませてまで闘犬を育てるという神経を疑う。
犬を闘わせる事が、そいつらの生活にどうしても必要とは思えない。
カルト教団の生け贄と変わらない。
闘う為に生まれてきた犬との事だが、今普通の家庭で飼われている犬の中にも、元々は猟犬だったりする犬種も多くいるが、実際狩りに連れていく様な飼い主はいない。(猟師除く)
闘犬があるから、それを想定した交配や繁殖が行われているわけで、闘犬がこの世から無くなろうと、土佐犬が好きな人は土佐犬を飼うだろう。
闘犬など人間のエゴ意外の何物でもない。
闘人してみろ, 2015/08/21 2:51 AM
私は今20歳になりましたが、お恥ずかしい話、闘犬というものを最近知りました。youtubeで、咬ませ犬?についての動画を見てからでした。
噛まれ役の犬がいるというのは本当ですか?

そして、この文を読んで、闘犬をやるのはその犬の自由?というか、子供に例えて表現されてましたよね、

私も土佐犬がそうしたいならそれで構わないと思います
でも、咬まされ役の犬がもし本当にいるなら、その犬は、噛まれたくて噛まれているのですか?
噛まれるために生まれてきたのですか?

海外留学したい子供は別に構いませんが、
それと噛まれる方は、関係があるのかどうかわかりません。


ゆかり, 2015/11/06 12:54 PM
ゆかり様、闘人してみろ様、ほかの皆様

かませ犬、なるものの記事をどこで見て、ここでコメントしているかは、皆様のコメントにないのではっきりわかりませんが。
全友連のほうにも、メールで何件かご意見をいただいております。

ここで、理性的なコメントを書いてくださる皆様なら、よく調べればわかると思いますが、その「かませ犬」の元ネタは、海外のものではないでしょうか?

少なくとも、メールをくださった方が参考になさったのは、海外のものでしたので、そう推測いたしますが。

結論から申し上げますと、NPO法人全土佐犬友好連合会には「かませ犬」は存在しません。
他団体はわかりませんが、少なくとも当法人傘下団体には、かませ犬は存在しません。

理由は「そこまでする必要がない」ことが一番です。
海外のように、デスマッチ形式で、しかも賭けの対象になったりするような場合なら、そうしたことをやるのかもしれませんが、当団体はお分かりのように非営利団体ですし、闘犬の歴史文化を継承し、一般に広めていく団体です。
かませ犬など必要としないし、倫理的にも許されるものではありません。

きちんと調べ、理解している方ならば、そのような誤解も、ここへの書き込みもしません。

一部の闘犬家のひどい行いが、全ての闘犬家に当てはまると考えるのは、いささか短絡的で、残念としか言いようがありません。
よくよく調べ、それでも疑問をお持ちなら、大会へ赴き、どういったものか自分の目でご覧になってください。

闘犬は、ルールにのっとって行う、いわば土佐犬のスポーツです。ボクシングやプロレスが怪我を伴うのと変わりません。
ひどい怪我をしてそのままにすることもありませんし、大会には獣医が常駐し治療も行います。

何度も言っていますが、土佐犬に生まれても闘犬に向く犬もいれば、向かない犬もいます。
向かない犬は、家庭犬として普通に飼われますし、向いている犬は闘犬として鍛えますが、基本的に家庭犬と同様に愛情をもって飼育します。
闘犬の鍛え方も、戦わせるばかりではありませんし、体力づくりが主ですから、いつも組み合っているわけではありません。

ネットの情報ばかりを信じて間違った情報を現実だと誤解する方が多いので、この記事を書いたのですが、やはりなかなか、難しいようですね・・・。
管理人, 2015/11/10 3:56 PM
根本的な考え方が違うとおもうなー

いくら犬のスポーツと言おうが、試合後の医療ケアが整っていようが戦わせて楽しんでるっていう大前提が間違ってるって反対派の人は言いたいんじゃなかろうか

ボクシングやプロレスは自分自身がやりたいって言ってるわけだからそれを引き合いに出すのは間違い。
犬が本当にやりたいかやりたくないか何て実際わからないわけだしそれを人間がやってるスポーツと同列に考えるのは違うでしょ

かませ犬に関しては人昔前まで日本でも土佐で居たことは事実です
今は回りの目もうるさいですし、倫理的に許される物じゃないからいないだろうけど
ただ、ごく普通に飼ってるもしくは動物愛好家の人からしたらそういう事実があったこと事態ありえないから書いてるんじゃないでしょうか?

後、自分も含め「NPO法人全土佐犬友好連合会」のことなんてそもそも知らないんですよ

うちの団体じゃそういうことはないから〜って書いてあるけど管理人さんの団体になくても他の場所であったら一般人からしたら一緒なんですよ

ちなみに自分は闘犬はやりたければやればいいしどっちでもいいとおもいます
犬の気持ちなんて最終的にわからないから喜んでるうんぬんは人間の押し付けだとおもいますし

ただ、管理人さんがいうルールや獣医の話はやってる人の言い分であってそもそも闘犬なんてなくてもいいって言う人には前提的に意味のない言葉だとおもいました
う〜ん, 2015/12/29 11:12 AM
う〜ん、様

そうですね。基本的に愛護の方とは根本での意識が違うと思います。
こちらの立場と、あちらの立場で違うのは当然であり、それでいいと思いますし、説得して納得していただけるとは、なかなか思えません。
ただ、土佐闘犬に対して少しでも正しい知識を得ていただければ幸いと考えております。
あまりにも「土佐犬=凶暴」「闘犬=虐待」という考えに固執して、実際に知らないのに自分の考えだけをおっしゃる方が多いので・・・。
それも、ネットで、上記のような偏った知識を事実だと信じ込んでのお考えですので、とても残念だと思っております。

闘犬に限らず、様々な情報がネットにはあふれております。
それが実際には事実か否か、情報の裏付けをする人は多くないように見受けられます。そういったネットの情報を鵜呑みにする方が多い昨今ですので、仕方がないのかもしれません。
が、間違ったものを放置しておくわけにも参りませんので、情報発信は必要と考えて発言しております。
管理人, 2016/01/08 2:37 PM
初めまして。
反対する、この手の人達には何を言っても無駄だと思います。

動物愛護団体や活動家というのは、「動物を愛する心優しい人」なんかではありません。
動物に関する事で、その当事者を省みない無知で無責任かつ傲慢な物言いをします。
この人達の行動倫理によれば「例え日本の闘犬がアメリカの様な“死ぬまで闘わせる”までしていなくとも、闘犬自体が動物虐待なので、アメリカ等と同じ様に考えていい」というものなのです。

現に反対する人達は全く聞く耳持ってませんでしょう。
兎に角「残酷」「虐待」の一点張りで「正しく知る」事を拒否し、おどろおどろしい血生臭い画像の拡散に躍起になってる筈。

このブログなんか典型的な一例です。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12114404474.html

ケースは異なりますが、動物愛護活動家の中には日本の闘牛とスペインの闘牛を混同してるのも、未だにいます。
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1147.html

こんな人達が正しい情報を発信出来るはずもありませんから、もう相手にしない方が賢明です。
オキキリムイ, 2016/01/19 8:53 PM
初めまして。

海外の明らかに虐待である闘犬賭博の様子を見て、
日本の土佐犬闘犬は何が違うのだろうと興味をもち、このブログに辿り着きました。

私も闘犬に反対派がいるのは仕方のないことだと思います。
「お前が犬だったら噛まれて嬉しいのか?」という意見も、まあそういう意見が出したくなる気持ちもわかります。


ただ、思うに、「噛まれたい」「怪我したい」と思う人や犬はごくごく少数でしょうが、
「喧嘩に勝って強さを誇示したい」という人間は少なくない数いると思うのです。
そんな風に思う犬も、全くいないとは思えません。
厳しく決められたルールの中で、戦い、強さを競える、そんな場ならばあってもいいと思うのです。


「そんなの野蛮だ」というのも、犬に例えるならば「闘犬向きではない」という事なのでしょう。
根本のフィールドが違うのでしょうね。


また、協会の方々には申し訳ないですが、
土佐闘犬って、人気は出すぎないのがいいのではと思います。
全国区で大人気になってしまったら、素人がむやみに手を出して問題を起こし、
今以上にアンチが出てきてしまうでしょうから。


アンチのご意見も、現状を立ち止まって把握するには、時には必要かと思います。
大変な事も多いかと思いますが、
協会の方々にはどうか、ルールを厳しく引き継ぎ、
戦いたい犬が、安全に戦える場所を守ってほしいと思います。
通りすがり, 2016/01/20 9:04 PM
やらせないほうが虐待とも言えなくもないのではないでしょうか。

⇧頭おかしい

皮膚がぶよぶよだと痛みがないとか間違った知識ですよ
30分以内に終わろうかなんだろうが虐待だと思います
血が出れば痛いです。海外では専門家も反対している意見や禁止してる国もあります

人間の娯楽ですよね?娯楽の為に噛ませてるんですよね?
山本キッドさんが言ってるように、飼い主同士も噛み付いて痛みを知った方がいい
戦うように育てておいてそれは犬が望んだことだとか。頭おかしいし人間の勝手な思い込みです。

自分は痛みを何も感じないくせに犬にだけ戦わせてそれが趣味だなんて心底最低な趣味だなと思い軽蔑します。

闘犬の試合なんてなくなることを願っています。そしてそんな人間の勝手で振り回され被害に遭っている犬も救われることを願います。

もっと犬の散歩知識を違った視点から学んだ方がいいと思います。

娯楽で犬を利用するな!
やっぱり, 2016/02/29 9:12 AM
都合の良いように解釈して言い訳しているようにしか思えません。
いっぱんぴーぽー, 2016/04/11 9:53 PM
結局こういうものを賛成としている人には
動物は人間の玩具としかなってないのだから
何言っても無駄ですよね
愛情を持ちながら育てているのなら
どんなに土佐犬は皮膚が厚く痛くない、犬が望んでいるなど思ってもさせないと思いますよ
それに子供がボクシングをしたいと言ったら止めるかと、この話は全くの別物で一緒の考えにはならないと思います
そんなこと言うのなら犬の言葉がわかるんですか?
そして、そのことを多くの日本人にしているとはっきり言えますか?
きっと半分以上からは批判がくると思いますよ
それくらい当たり前のことではないということを覚えて欲しいと思います
低, 2016/04/24 5:04 PM
このブログ書いたヤツ、最低だな。頭が悪いのもそうだが、土佐犬は闘うために生まれてきた、みたいな勝手なこと言って自分のやってることを正当化してるだけ。卑怯で臆病者だ。闘わされる犬の気持ちを無視してるよな。こういうやつに限って、闘わされる犬と同じ立場にたたされたら、泣き叫んで助けを求めるんだろうな。まあいつか、しっぺ返しがくるだろうということはおぼえておいた方がいいんじゃないかね。ロクな死に方しねえな、おまえ。
動物の守護天使, 2016/05/09 10:01 PM
土佐犬を戦うために産ませたのは人間なのではないでしょうか? ここにはボクシングと留学が例として出てきますが、あくまでもこの二つは「ボクシングがしたい」「留学がしたい」と本人が思ってすることです。果たして本当に闘犬に使われる犬は産まれた瞬間である、一分一秒から、「闘犬がしたい」と本当に思うのでしょうか?私は思わないと思います。飼い主は戦う犬同士を眺めて「いいぞ、もっとやれ」と思うかもしれませんが、犬からしてみれば自分と同じ仲間である「犬」です。犬が目の前にいる相手を倒すのは、間の前にいる犬を倒すように躾けた飼い主がいるからです。なぜ仲間を傷つけなければならないのでしょうか? あなたは仲間を傷つけたいですか?闘犬に使われる犬も、もし、闘犬に使われずに普通の飼い主に飼われていたら、私はこっちの方が犬にとってものすごく嬉しいと思います。「ちゃんと消毒してますから」ではなく、問題はそもそも「なぜ消毒をしなければならないのか」ではないのでしょうか。人間の勝手な都合で怪我をする犬たちがとてもかわいそうです。この記事は私からすると、間違った記事にしか捉えることが出来ません。
闘犬反対側の匿名希望, 2016/05/19 10:45 PM
「私の知っている団体は、あまり怪我しないうちに止めさせるし、治療もするし、虐待だと言われるような傷を負う闘犬はいないのでまとも」
という主張でしょうか?

他の方のように疑問はたくさんありますが、もしその団体の主張が通るとして、しかし虐待と違わないくらい戦わせている団体も存在しているのではないですか?他所は知らぬと全くノータッチですか?そういった団体へ、それはルール違反だと警告したりはしないのですか?うちだけまともなら他団体の事は知ったこっちゃねーですか?
それって本当に闘犬を愛していると言えますか?

それとも何か行動を起こしているのでしょうか。


「噛犬?」と不思議そうに聞いていますが、「噛ませ犬」のことですよね。ふつうピンと来るでしょ。
日本でも存在していたのをしらないのですか?そんなわけないですよね。「無知な相手」に知って貰うために詳しいあなたがここで説明しているのだから。わざとバカにしたのでしょうか?

正直、私は闘犬の事は詳しくありません。これから勉強していこうと思っています。
なのでもっと知りたいのです。
あなたのいう協会はFacebookもしていますね。そこでもっと詳しくいろいろ投稿してほしいと思います。

大会の様子や個々の写真だけではなく、訓練の様子なども。
闘犬は時代遅れと思う, 2016/05/25 2:49 PM
ボクシングと同じ?犬が戦いたいだと?
ふざけるなかす!
人間の欲求で戦うように育てたんだろーが!
動物虐待をスポーツみたいに言ってんじゃねーよゴミ!
何が闘犬だゴミども, 2016/05/28 12:05 AM
まだこんな事やってるの?
屁理屈ならべて、正当化しようとしてるけど虐待は虐待だよ。
何かの記事で見たけど、戦わない犬は鍋にして喰っちゃうんだろ。
我々の団体ではしない。とか言うんだろうけど、同じ穴のムジナだ。

一刻も早く辞めなさい。みっともないですよ。
平沼, 2016/06/05 2:08 PM
始めまして、コメントさせて頂きます。
人それぞれ意見は違うと思うのですが、私は犬が喜んで闘犬をしているとは思えません。一度考えてもらいたいです。人は人に意見を述べる事が出来ますが、犬が人間に意見を述べるは難しい事だと思います。又、ボクシングと闘犬では別物だと私は思います。人はリングに立ち戦いたいと思っているから戦っていると思いますが、闘犬で戦う犬はどうなんでしょうか?そのような犬種がみんな同じ考えだとは思えません。貴方は犬が喜んで戦っているとおっしゃっていましたが、本当にそうであるのならば傷つけ合って楽しむ方法では無く別の楽しみ方があるのではないかと私は考えています。傷つけ合ってしか楽しめない犬はいません。又、犬も私達人間と同じように平和に暮らしたいと思っていると私は思うのです。
誰かが怪我をする事が平和ですか?犬で無くても身近にいる人が怪我をしていても嬉しくありません。自分の事もです。自分が傷ついて嬉しいと思いません。
虐待ではないと強い意見を持っておられましたが、何故あなた達は周りから虐待と間違われるような競技を見て楽しむのですか?
私は不思議に思います。

最初に言ったように人それぞれ意見は違うと思いますが、少しでもこのような競技を楽しむ人が少なくなることを祈っております。
李恵, 2016/06/11 11:37 PM
すげー上から目線ばっかりじゃねぇか
自分は動物を物として扱ってないとでも思ってるのかね?
人間の群れを維持するのにどれだけの動物を殺してるのか気にしないのかね?
食べるためなら仕方ない?
より美味しいものを
より安いものを
より簡単なものを
そんな欲のためにどれだけ無駄に殺してると思ってんだ
菜食主義者だから関係ない?
畑を害獣から守るのに殺してないと思ってんのか?

見てて哀しくなるから闘犬は嫌いだよ
放っておけば高齢化で20年もすれほぼ無くなるだろ

でも戦わせて楽しむヤツを食べて楽しむ俺らがどうして上から目線で偉そうに非難できるんだよ

通りすがり, 2016/06/23 4:16 AM
闘犬に関わる全て
未来永劫呪われてください
子々孫々共々
ほんと頭がおかしいとしか思えない
それほど好きなら
輪廻転生生まれ変わったら
土佐闘犬に生まれ変わってください
山本キッドが言ったとおりになれば
良いと思います
キチガイですね
えせひゅーまにすと, 2016/07/18 10:44 PM
私も!Twitterからみてショックで調べてみました。本当にショックです。犬が...大好きなわんちゃんが本当にかわいそうで怒りを覚えます
みく, 2016/08/11 5:43 PM
呪われて下さいとか、キチガイとか言っているご本人がそうなのでしょう。ええ、生まれ変わったら私は思いっきり強くて立派な黒毛か赤虎の超大型の土佐犬雄に生まれ変わりたいと思います。
嫌ならこのホームページにわざわざ来て嫌みを書き込むのも嫌難じゃないでしょうかね?だって闘犬が嫌なんでしょう。嫌な所に来る必要も無いと思います。
この国の闘犬はきちんとルールに則って行われています。それはこの国の闘犬がアンダーグラウンドな世界では無いからです。
管理人さん、こう言う中傷は気になさらずに。闘犬を肯定し応援している人も多いのです。ただ、愛誤テロが嫌で越えに出さない人も多いのです。
この国は愛誤テロと言う者が存在します・・・
北原, 2016/09/22 2:19 AM
闘犬反対の方に、あなたが、決めつけているんではないですか?とか書いてますけど、決めつけてるのはどっちですか?犬の気持ち、痛みを全部わかってるんですか?愛がある飼い主だったら、動物が好きな人だったら、血が出ていようがなかろうが、怪我していないようが、そのきけんがある行為はさせません!
闘犬になるために生まれてきた??あほですか?
あんた達が闘犬に育ててるんでしょ。
署名もあんだけ集まっているのに、まだ続けるんですか?
ちゃー, 2016/10/11 2:52 PM
ハッキリ言って、闘犬反対を訴える人達がここまでバカだとは思いませんでした。

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12114404474.html
>世界中で闘犬を禁止にするための署名

↓こんな事したら、こうなるって事、思わなかったんですかね。

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12206938247.html
>カナダ・モントリオール市のピットブル取締法 施行は裁判所の最終判決まで延期

闘犬が禁止されれば、闘犬として使われていた犬達はどうなるのか。
「禁止されたら、傷つけ合いから解放されて、愛玩犬になって悠々自適な生活」なんて思っていたら、極楽トンボもいいところです。
闘犬が禁止され、それ自体が“違法行為”扱いになれば、誰も好きこのんでピットブルを飼育しなくなる、出来なくなるんですから、今までいたピットブルを「処分する」という方向に向かうのは必然だった筈。
そんな事すら想像も出来ずに、「闘犬は残酷」の一点張りで視野狭窄になっている事すら理解せずに反対していたのか。
そう言いたくなります。

管理人さんも、もうこういう大タワケな人達、ガン無視して構わないと思います。
オキキリムイ, 2016/10/17 1:31 PM
オキキリムイ様、横からですみません。

その件ですが既に弊害は起きています。アメリカである犬が保護されましたが、その犬は身体的特徴にピットブルの特徴があることから「ピットブル」と認定され・・・殺処分されました。
ただピットブルまたはピットブルに似ているというだけでアメリカ、カナダでは多くの犬が殺処分されているのです。中には家族の一員として可愛がられている犬がある日突然ピットブル認定され、家族から無理やり引き離され処分された例すら稀ではありません。
これは特定の犬種を異常に排除しようとした結果です。
逆に闘犬を公認し闘犬に一定のルールを定めて行わせるのが悲惨な状況を改善する方法の一つでしょうね。欧米の悲惨な闘犬はアンダーグラウンド化した結果だと言えますよ。博打性が強く、人々もより強烈な刺激を求めるからデスマッチや残虐さをエスカレートさせるのだと思います。表舞台に出た闘犬はそういう残虐性は出せませんからね。日本のゲーム(ピットブルによる闘犬)や闘犬の明るさは参考になると思います。

闘犬を禁止にする署名に署名している人たちの多くが闘犬とはどういうものかまともに知らないと思いますよ。一つ上の方のように飼い犬に対して愛があれば闘犬なんてさせないと思っているわけです。まさに「決め付けているのはどっちですか?」ですよ。

多くの反対派はネット上では大声はりあげるけど現実世界ではどうでしょうね?ネット上にこれだけ反対者がいるというのに、ね。
北原, 2016/10/17 11:28 PM
北原さま

そうですね。現実世界では反対派は見えてこないですね。
現地でお会いしたことはないです。
見て納得して帰られているのかもしれません。

行政の方もお見えになったことはありますが、お帰りの際にはお褒めの言葉をいただきましたし。
大変ありがたいことです。
管理人, 2016/10/18 5:46 PM
俺を含めた反対派は犬の意思とは無関係に強制的に戦わせているという点を虐待と言ってるのだから、
土佐犬は血が出ても痛くないとか獣医がいるからとかはその件に関する反論になってない。
強制じゃないのはワンちゃんが自分でエントリーした場合のみだよ。

また仮に闘犬を禁止して殺処分される犬が出ても
長期的に考えたら禁止されることで救われる犬のほうが多くなるだろう。
北原とオバカリムイに言ってんだぞ。

あと欧米の悲惨な闘犬はアンダーグラウンド化した結果というのも間違いだ。賭博でもそうだが合法のものがあろうと違法な賭博も行われる。闘犬が公認されようがされまいが更なる過激さを求めて悲惨な闘犬を行うものは確実に出てくる。公認すれば悲惨な闘犬がなくなるわけじゃない。

管理人は無知な反対派に教えてあげるというスタンスのようだが日本の闘犬のやり方とかは関係なくそもそも根本的なところでおかしいだろ、というのが反対派の主張なわけ。
賛成派は一定のルールの下で行えば虐待ではない、と考えているのだから両者は理解しあうことはありえないんだよ。
わかった?
賛成派は賛成派で普及に勤しめばいいし、反対派は反対派でつぶすことに全力になればいい。
まあ俺らゆとり世代、あるいはその下の世代は争いを好まない平和主義者なので闘犬なんてすたれていくと思うけど。




俺がわざわざ時間を割いて書いてやったんだから管理人を含むここにいる闘犬賛成派のアホどもはよく読めよな。
どうせアホだからアホな意見しか書けないだろうけど。
あ, 2016/10/30 5:53 AM
個別で名前を呼ばれたので出てきました(笑)
では、ブルドッグは救われたのですか?
ブルドッグでの闘犬が禁止になって、どうなりましたか?
今やイングリッシュブルドッグは自力では交配はもちろん、出産さえできない犬になりましたね。
ナポリタンマスチフも皮膚は必要以上にシワ増え、深くなった襞は今や人が手入れを怠ると杉に皮膚病になってしまいます。
それがブルドッグやナポリタンマスチフにとってにとって幸せなことなんでしょうかね。
確かに闘犬ではなくなりましたが、その後は犬種としてどうなんでしょうね。
ナポリタンマスチフに関しては今でもオールドタイプの繁殖が細々と行われています。今のタイプとは全く違います。動きも良くより健全だと思っています。
私はナポリタンマスチフやブルドッグの例を見ても、それが本当に救われたことになるのか疑問です、長期的に見てね。

より悲惨な欧米での闘犬の現状はアンダーグラウンド化した結果でもありますよ。デスマッチはもちろん、負けた犬は観客の前で電気ショックで殺されるというのをショーの一つとしていることすらあります。

賛成派と反対派が理解し合えることなどないと思っていますよ、もちろん。反対派はもっと前面に出てくればいいのです、こんなネット上でなくね。現実世界で闘犬反対をやっている人をほとんど見ないのが不思議だと言っているんですよ。

「ゆとり世代」と言っているおバカさんには理解できないんでしょうけど。

北原, 2016/10/30 10:54 AM

仮に自ら進んで相手を倒しに行くことを喜びとするチンピラのような犬がいたとしても、そんなのは
散歩のときにほかの犬とじゃれさせてマウンティングでもさせて満足させれば済む話だ。
自分たちが楽しむため、あるいは金のためにやらせてるのに都合のいいこと言ってんじゃねえよ。
あ, 2016/10/30 5:57 PM
あさん

>都合のいいこと言ってんじゃねえよ。
長々書いてますけど結局はそれが言いたいだけなんでしょ?
都合のいいこと言っているのは反対派も同じことですよ。

あなたが書いているチンピラのような犬がいたとしたら、マウンティングだけで済むとは思いませんよ(笑)

反対する人たちはこういうネット空間でだけがなるんじゃなくて現実世界で反対運動すればいいんですよ。実際にはほとんどないですよね?

あなたも素性が隠せる(と思っている)この場所でこ汚い言葉を使って人を罵っているだけでしょ。

この会の人たちや私の知っている人たちは何らアンダーグラウンドなことはしていません。
むしろ匿名性の高いネット上などでこそこそこうやって他人を罵っている反対派や動物愛誤の人たちの方がアンダーグラウンドな人たちだと思いますね。



北原, 2016/10/31 1:54 PM
>仮に自ら進んで相手を倒しに行くことを喜びとするチンピラのような犬がいたとしても、そんなのは散歩のときにほかの犬とじゃれさせてマウンティングでもさせて満足させれば済む話だ。

そっちの方がヤバイっしょ。それで人や他人の飼い犬に大ケガ負わせたら、訴えられますって。
キチンと躾けて、鍛えた犬同士が、他の人や犬にケガさせない場所を設営して、そこで戦うから良いんです(法律的にも倫理的にも)。

>金のためにやらせてるのに都合のいいこと言ってんじゃねえよ。

その根拠は?
オキキリムイ, 2016/11/04 12:06 PM
人間は考えることに特化した動物であると
生物学では考えられています
確かに土佐犬等は闘犬等に特化した体を持つ犬ですが
それが本人(犬)が闘犬を本当に行いたいかは全く違うことだと思います
勉強が苦手でしたくない人間がいるのと同様に、他の生物も特化した能力を持っているからと言って、それに対応する願望を持っているとは限らないですよね?
また、血が騒ぐという言葉のように確かに一定の行動を行いたい衝動はあると思います。
ですが闘犬の場合は戦いたくてしてるのでなく、主人、または自分の命が危機にあると感じて奮い立ち戦おうとしてるとは考えられないでしょうか?
何事もその人、つまり、その犬にならねば
親が子供の気持ちをわからぬように、本人(犬)のことはわからないのではないでしょうか。
人が自分の気持ちについてわからなくなる時があるように、一辺倒に流れている血やDNAの塩基配列でわかった気になるようなことを言うのは、無責任であると私は考えています。
私は犬に愛情を持って接していますが、あなたとこれから関係を持つわけではないし、貴方のかんがえのほんの一部しかわかっていないと言われてしまえば何も言うことができない上、人それぞれの考え方があると思っています。
長くなりましたが、あなたも固有の考えを持っているのと同様に、人間より単純にしても犬も何かしらの思い感情があることを考えてみてください
ゆるや, 2016/11/12 2:08 AM
では、ゆるやさん、闘犬以外の使役犬はどうなのでしょうか?
マリノアやドイツシェパードといった犬種は軍犬や警備犬(警察犬)として使われますね。カネコルソは今でも牛追い犬として使われている個体がいますしラブラドールは狩猟犬や盲導犬などに使われますね。
どう言った使役犬たちはどうなのでしょうか?本当にその仕事を行いたくてやっていると断言できるのでしょうか?自分やトレーナーや飼い主の身を守りたくて働いているかもしれません。
闘犬だけにそう言う風な言い方はできないと思います。
あなたも少し考えて見てください、闘犬にばか理ではなくそのほかの使役犬たちの感情や思いがあることを。

闘犬に反対する人だけでなく、俗に愛誤と言われる方々は感情だけで突っ走っている人が多いと思います。愛誤テロという言葉もあるのですよ。
北原, 2016/11/13 11:50 AM
土佐犬が自発的に闘いたくて闘っている訳ではないなんて言ったら、ペットとして飼われてる犬や猫だって飼われたくて飼われてる訳じゃないかもしれませんよ。結局は全て勝手な人間のせいですよ、反対派の皆さんもなぜ今更反対と喚きはじめたんでしょうか?
中立派, 2016/12/05 9:36 PM
しょーもない記事かくなや。てめーが闘え。闘犬愛好家なんてゴミ以下だから燃やすだけじゃたりねーな。ここにコメしてるやつらにもゴミが多いが、そんなに闘いたいなら、人間同士のをみろ。やつらは自分の意志で闘ってるからな。闘争本能なんて勝手に埋め込むもんじゃねえわクソどもが。
893, 2017/03/11 10:48 PM
ちゃんと人が見ていても、戦いの場では何が起こるかわかりません。戦ってる最中に牙が目に当たり、失明とかになったらどうするんですか?犬を危ない場面には置きたくない。犬が危ない目に遭う危険性の事を言ってます。
そして、もう2017ですよ?2020にはオリンピック、闘犬ができる日本を恥だと思え。
反対派, 2017/05/30 8:38 AM









Trackback
url: http://tosakenblog.jugem.jp/trackback/75