RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
MOTOKI写真展 開催

写真家のMOTOKIさんという方がおられるのですが、2年ほど前に闘犬の写真撮影のご依頼がありました。

当時直近の大会が青森で開催される旨を伝えたところ、遠路青森まで撮影に行ってくださいました。

 

その時撮影した写真が写真集「WHITE FANG」となり、その写真集がドイツFotobookfestival Dummy Award Kassel 2015において2位を受賞しました。

 

そして改めてドイツの出版社Verlag Kettlerから写真集が出版されることになりました。

それに合わせて、明後日7月9日(土)より東京都墨田区にて写真展が開催されるそうです。

 

MOTOKIさん、受賞おめでとうございます。

「WHITE FANG」は闘犬の世界を、写真という形で切り取り、凝縮した一冊です。

写真展は今月31日まで開催され、入場無料だそうです。

ご興味のある方はぜひ、会場まで足を運んでみてください。

詳しくは下記リンクまで↓↓↓

 

MOTOKI写真展「WHITE FANG」紹介ページ

 

 

MOTOKIさんから、写真集と写真展について、ここで紹介させていただく許可をいただきましたので、ブログにアップさせていただきました。

author:サイト管理人, category:管理人より, 23:37
comments(3), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:37
-, -
Comment
闘犬の世界って、なんでしょうか?
「噛んだら偉い」「戦え!勝てば偉いぞ」「恰好ええど!」
そういう事を大好きな飼い主から叩き込まれてます

戦うなら、ご自身が過酷な人間の社会と戦えばいいのにな

まぁいいですよ、人間だけが偉いのではない
管理人さんも多分この先、ご家族で「痛い」「辛い」等の報い?は必ずきます

その時はこの子達の事を少しでも思い出してください

びっくり君, 2016/07/08 11:57 AM
写真見ました。

躍動感あって、良い写真です。
正に「闘う動物」の息吹が伝わって来ます。
幾ら品種改良されてると言っても、これこそが動物本来の姿なのかも。

以前、ある闘牛関係の(スペインでなく日本の)掲示板にて「闘いそのものは牛同士の本能で行われている」という主旨のコメントがありました。

確かに闘牛も闘犬、闘鶏も人間に出来る事は「闘う場所の設定までで、実際に闘うのは動物の本能によるものですから。

もうびっくり君みたいな、理解する気のないだけでなく、ウソ出鱈目垂れ流しても許されると思い込んでる人達なんか、放っておけばいいべさ。
オキキリムイ, 2016/07/12 1:55 PM
闘犬やってる理由だの
土佐犬が皮膚ぶよぶよで痛くないんだとか
そんなのしらねーけどまじで不愉快
撲滅しろ気持ち悪りーな
闘わせなくちゃ逆に虐待⁇
なら公開してねーで飼い主同士
場所借りてこっそりやれや
わざわざ人集めて大会だのやる必要あるの⁇
なくない⁇戦わせて土佐犬喜んでんでしょ
なら普通の家庭で飼ってる犬がドッグランだの
おもちゃで遊ぶのと同じように
闘犬同士こっそりやればいいじゃんダメなの⁇
ほんときもいかわいそうに。
いっぺん自分らがボクシングやら格闘技やって
気が向かなくても無理やり訓練やらやらされて
吠えたくても吠えられない犬の気持ち考えてみろよ
ほんと自分らが体張ってまず気持ち味わえっつーの
えりんご, 2016/07/21 4:35 AM









Trackback
url: http://tosakenblog.jugem.jp/trackback/85